ファイヤー村田(四代目)のブログ

第36回新ファイヤー塾(3周年)・・・

皆さん、こんにちは!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん!?

 

さて

第36回新ファイヤー塾(3周年)

 

 

先日、お陰様で3周年を迎える事が出来ました。

これも皆様方のお陰であると心より感謝申し上げます。

趣味で始めたファイヤー塾が3年経つと意味づけが変わってきました。

 

 

今回も雨の中、沢山の方にお越し頂きました。

感謝いたします。

 

 

 

今回のテーマは「自己愛」についてなので、「私が思う自己愛とは?」を皆さんに語って頂きました。

 

 

 

5ヶ月ぶりにご参加いただきました、村田工務店のオーナー様です。

オンライン(zoom)が出来なくて参加できなかったので、今日は楽しみでした!との事でしたw

本当にありがたいです。

 

 

現在、建築中のオーナー様にもご参加いただきました。

 

 

長崎からは、ミスターヤマウチこと山内君。

久しぶりに会ったら、かなり老けてましたw

でも、元気で何よりでした。

 

 

 

自己愛を伝えるのって、なかなか難しいですよね!?

でも、皆さん素晴らしい内容を話されていました。

一番多かったのが、「自己愛とは自分を認めてあげる事だ」でした。

 

 

 

ところで、

今回、記念すべき3周年という事で私からサプライズを準備させていただきました!

それが・・・

 

そう、前月までの35回開催での受講ランキングです。

調べるのにかなり時間がかかりましたが、本当に沢山の方にご参加いただきました。

上位3位の方は・・・

 

 

3位、後藤かよ子さん!

出席率80%ってすごくないですか?

最初の方は夫婦関係での悩みがあられましたが、毎月のファイヤー塾にピットインする事で、かなり関係性が良くなったと言われました。

 

 

大学の時からの付合いの、田上。

いつもありがとう!

そして、いつも輝かせてくれてありがとう!w

 

 

そして、優勝は、何と驚異の31回(88%出席率)の社労士の大下先生!!

仕事もお世話になっており大変ありがとうございます!

同じく、ファイヤー塾を輝かせて頂きありがとうございます!w

(優勝者のシェアを忘れてゴメンなさい!)

 

 

 

今回、2年ぶりに講師を務めさせて頂きました。

テーマは、「自己愛」

自分を愛し隣人を愛せよ。

 

ファーストメッセージは、これです。

皆さん、自分を愛していますか?

ドキッとしますよね??

自分自身に向き合って何%かを考えて頂きました。

皆さん、いかがでしょうか?

 

 

ボードの中央に現在地と理想と書いていますが、現在の自己愛の状態が現在地と考えて頂ければ幸いです。

理想はゴール地点。

つまり、カーナビゲーションですね。

どの状態に自分がいるのかをわかりやすく考えて頂きました。

 

 

自己愛の前に、そもそも「愛」って何だろう?と考える方もいらっしゃると思います。

私が学んだ「愛」とはこのような文章で語られています。

だから、自己愛とは、自分の可能性の探究に誠意を傾ける事。

自分の可能性に蓋をしていないか?

 

 

 

私個人的な考え方ですが、自己愛=自己開示×自己暗示という方程式を示しました。

自己開示ができないと自分の蓋を開ける事が出来ない。

自己暗示は、単なる思い込みです。

 

 

自分に暗示をかけるやり方ですが、私は毎朝、アファメーションをやっています。

ヒデキ最高を5回から10回くらい大真面目に言いますw

そしたら、モチベーションが上がります。

 

 

 

実は、ファイヤー塾の塾生は「自己開示」は既に出来ています。

これまで、3年間、人前で自己紹介を通じて自己開示をやってこられたからです。

自己開示ができる環境とは、絶対に人を批判しない安心安全な空間です。

私たちファイヤー塾はこの空間を3年間守り続けてきました。

 

 

 

 

そして、自己概念の方程式。

自己概念が低いと、挑戦やチャレンジが出来にくいと思います。

自分には無理だと思い込んでいるからです。

先ほどの自己愛に実績(裏づけ)が必要だと考えます。

 

この実績が大切なんですが、多くの人が忘れてると思うんですよ、、

 

 

 

例えば、私のこれまでの実績です。

これらは一部ですが、皆さんも沢山の実績があると思います。

 

 

それを1分間思い出して頂き、シェアをして頂きました。

 

 

今までの実績の中で、最も頑張って出来た事、自慢できることを一つ話し合って頂きました。

 

無い人はいません。

必ず、これまで成し遂げた実績があると思います。

 

 

皆さん、熱く語っておられましたw

 

 

ソーシャルディスタンスに配慮していますw

 

 

 

 

私にとって一番自慢できることは、今まさに書いている「ブログ」です。

10年間2000以上書いてきました。

会社のこと自分自身のこと、様々なことを書いてきました。

 

 

そして、最近ではYouTubeをはじめて、動画で伝えたいことをメッセージしています。

ブログは、写真と文章ですが、動画のインパクトは最強だと思います。

2ヶ月間で27本UPしましたが、最近特に思うことは、何のためにブログやYouTubeをやっているのか?

目的です。

それは・・・

 

 

息子、村田工務店5代目後継者への遺言だと考えています。

特にYouTubeは動画(声)で一生残りますからね。

意味づけが変わるとメッセージも変わってくるものではないでしょうか?

 

 

 

私は、学びを通じて夫婦関係が良くなりました。

妻の大切さが解ったからです。

なので今は、なるべく夫婦の時間を取るようにしています。

 

そして、私たち夫婦にとって、このファイヤー塾はなくてはならないものになっています。

毎月夫婦で開催させていただいていますが、私たちのモチベーションも上がります。

あれから、3年・・・

本当に早いものです。

 

 

 

これまで、3年間で1,000人以上の方にお越し頂きました。

その90%はリピーターの方です。

本当にありがとうございます。

 

現在、ファイヤー塾はJPSA熊本支部の分科会に位置します。

熊本を良くしたいという目的から塾を運営いたしております。

それが私がプロスピーカーになった使命です。

 

 

 

話は変わりますが、この日の早朝、人吉に行ってまいりました。

熊本支部に在籍する方が被災されたからです。

現地について想像を絶する光景に言葉がありませんでした。

「良く来てくださいました!!」

ご本人とお会いして涙が出ました。

 

 

住宅はグチャグチャで先ずは隣接する納屋の方を片付けと汚れを落としました。

10時過ぎに避難勧告のサイレンがなり止む無く退去することになりました。

少しでもお手伝いが出来て良かったです。

ご本人さんは私達と会えた事が一番嬉しかったのだと思います。

 

 

 

このような行動がファイヤー塾で学んだインサイドだと思います。

先ずは、自分が満たされないと人に与える事が出来ません。

それも遠くの隣人からではなく、家族からのインサイドアウト。

熊本地震で私たちは助けて頂きましたので、何か恩返しがしたかった。

 

「大柿さん、また近い内みんなで行きますよ!!」

 

 

 

ラストメッセージは、両親への感謝で締めさせていただきました。

この写真は、両親が結婚して、そして私が生まれた時のものです。

自己愛とは、最終的には両親への感謝で完結する。

両親を憎んだままでは、自分を愛せないと思います。

 

今回、自己愛について自分を深く深く見直す機会を頂き大変感謝いたします。

私のこの才能は間違いなく両親からのDNAです。

これからも自分を愛し隣人を愛して参ります。

 

 

 

ファイヤー塾の皆様、本当にありがとうございます。

 

 

サプライズで似顔絵を頂きましたw

 

 

なんでバナナ持ってるのか良くわかりませんがw

それにしても良く似てますw

 

 

この方、CLOVERさんが描かれたそうです!

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートのご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

また、他にも沢山のお祝いお心遣いに感謝申し上げます。

 

 

 

妻からも頂きましたw

 

 

 

 

次回予告!!

 

 

 

 

 

感謝

「1%の価値観」・・・

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命です。

村田工務店 代表取締役(四代目)

村田工務店Homepage 

村田工務店Instagram

村田工務店Facebook

村田工務店Twitter

村田工務店求人サイト

ファイヤー村田のYouTube

 

有限会社 村田工務店

〒861-2106 熊本市東区東野2-6-1

TEL 096-367-0811

Mail k-murata@wonder.ocn.ne.jp

気になる方は、遠慮なくお問い合わせください。

資料請求は、こちら。