ファイヤー村田(四代目)のブログ

発達障がいの子どもお金のこと親が亡くなった後のこと(平野厚雄著)を読んで・・・

皆さん、おはようございます!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん!?

 

さて

発達障がいの子どもお金のこと親が亡くなった後のことを読んで

 

 

私が尊敬する平野さんの本です。

改めて、平野さんの在り方に心から感動しました。

平野さんは同じ学びであるJPSA(一般財団法人日本プロスピーカー協会)新宿支部の支部長でいらっしゃいます。

2020年2月定例会で熊本から2人参加させて頂きました。

 

皆さんの中で、発達障がいの子供さんをお持ちの方はいらっしゃいますか?

本を読んで分かったのですが、想像を絶しました。

私にはできない・・・

 

 

今回も赤線のところを読んでいただければ幸いです。

まず、障害ではなく障がいと表しているのは、害ではないという考え方に注目ですね。

 

 

私の生きる目的。

まさに、覚悟を感じました。

 

 

自閉症の息子に感謝。

しかし、この考えに至るまでには想像を絶する経験をされてこられたのです。

 

 

人生理念に生きるということは、死ぬ準備をするということである。

ある意味、重すぎる理念ですね。

 

 

拒絶から受容の5段階。

もし、自分の子供だったらと考えると・・・当然受け入れるのはできないですね。

うちの長男は、村田工務店創業100年の五代目の後継者として期待されて生まれてきたからです。

妻は、「男の子が生まれて本当に良かった・・・」とそれはそれは、相当なプレッシャーだったと思います。

いや、実際そうでした。

それが、もし発達障がいとして生まれてきたとしたら、、後継の夢は限りなく無くなるわけです。

しかし、それは誰でもそうだと思います。

 

 

 

 

私の知り合いで自閉症の子供さんがいました。

見た目は、本当に健常者と一緒で全くわかりません。

少し会話が成り立たないくらいでした。

いつもニコニコしていて感じが良かったです。

しかし、家では暮らし方のパターンが変わるとパニックになっていたそうです。

例えば、トイレ→風呂→夕食の順番で行動していたのが、トイレ→夕食になっただけでパニックになるそうです。

また、集中力が半端なく、蝶々を見つけたら延々とひたすらそれを追いかけていたそうです。

 

私は、その時、正直自分の子供でなくて良かった・・・と思ってしまいました。

 

 

発達障がいの息子の為にも稼がなくてはならない。

息子が働けない分まで・・・

 

 

まずは、発達障がいの息子だと知ってもらう事が大切である。

それがリスク管理に繋がる。

普通は逆思いますよね?

(誰にも知られたくない・・・)

 

平野さんを尊敬する人が何故これほど多いのか?

根底には、これがあったからだと理解できました。

まさに信念ですね。

 

 

また、平野さんは社労士でありファイナンシャルプランナーでもあるということから、本書では様々なお金の話があります。

 

 

知っておいて為になる話ばかりでした。

 

 

 

 

2020年は、それぞれ1500万・1000万となっています。

 

(ネットから拝借しました。)

2020年3月31日までの3000万て凄いですね!!

まあ、お金持ちのところが対象になるのですが、無知はコストですね。

 

 

相続放棄・・・

借金がある時、相続放棄すれば、障害児である子供は借金を相続することはないそうです。

そして、生命保険のやり方で子供を守る事ができるそうです。

 

 

無知はコスト。

勉強しないといけないと思いました。

 

 

あなたの息子さんは、自閉症です。

これを受け入れることなど到底できないと思います。

辛かったろうな、、と思いました。

 

 

泣いてばかりいた・・・

今の平野さんから想像もできません。

恐らく、それらから乗り越えてこられたからこその覚悟であり、在り方に繋がっていると思います。

 

 

希望の光・・・

 

 

自分の子供でなくてと良かった・・・

確かに誰しもそう思うはずです。

 

 

 

事実は一つ解釈は無数。

選択理論との出会いで、考え方が変わり思考と行為を自ら選択することにした。

やはり否定的解釈からは何も生まれない、肯定的解釈をすることで人生が変わってくる。

私も、その点では学びを通じてよく理解しています。

 

 

子供と握手するのが夢である。

私たちからすると当たり前に事が、夢だなんて・・・

発達障がいの子供さんとの関わりの大変さが、これほどまでかと思い知らされました。

 

 

当たり前のことに、いかに感謝を持つ事ができるか?

感謝を選択する事が幸せに繋がる。

私も身近なことへの感謝が足りないと反省させられました。

 

 

障がいは可能性である。

 

 

両手両足のない乙武さんの言葉が痺れます。。

「僕は毎日が楽しいよ。」

人間の可能性は無限なんだと思いました。

 

 

涙が出ました。

 

 

最後に、両親への感謝のメッセージで終わっているところが、素晴らしいと思います。

私も改めて両親に感謝をしました。

私が五体満足で、今の能力がある根源は間違いなく親父とお袋のDNAです。

「産んでくれてありがとうございます。」

 

 

読み終えて、息子さんからの声がした様に感じました。

「パパ・ママ、産んでくれてありがとう。」

 

 

価格は1,600円(税抜き)です。

 

 

平野さん、遅くなりましたが約束を果たさせて頂きました。

貴重な機会を頂き心から感謝します。

そして、これからの学びを通じて末長いお付き合いの程宜しくお願いします。

 

 

 

感謝

「1%の価値観」・・・

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命です。

村田工務店 代表取締役(四代目)

村田工務店Homepage 

村田工務店Instagram

村田工務店Facebook

村田工務店Twitter

村田工務店求人サイト

ファイヤー村田のYouTube

 

有限会社 村田工務店

〒861-2106 熊本市東区東野2-6-1

TEL 096-367-0811

Mail k-murata@wonder.ocn.ne.jp

気になる方は、遠慮なくお問い合わせください。

資料請求は、こちら。