ファイヤー村田(四代目)のブログ

生産性から考える差別化戦略・・・

みなさん、こんにちは。

いつもあなたの心に、ファイヤー村田です。

今日は、どぎゃん??

さて

生産性から考える差別化戦略

昨日、福岡に勉強に行ってきました。

茨城県のカイテキホーム 中嶋社長の講演でした。

とてつもない社長でした!

我々、いえせん九州もそれなりのレベルになってきたと

思っておりましたが、一喝されたような気持ちでした。

経営は、数字である!と。

その前に・・・

昼は、ここに来ました。

夜に、食べないためです。

朝・昼はある程度食べてもいいんですよ。

エネルギーを使うからですね。

そのように解釈しています。

13:30開始!

24社ありました。

いえせん、8社おるし!!(笑)

私の席が後ろだったので、ちょっと不満でしたが

まあ、いいでしょう!

生産性

よく耳にする言葉ですが、会社において生産性とは??

その重要性とは??

全て、仕組み・ルールによる数字化でした。

わずか4年で

21棟⇒49棟になられています。

社員数が若干増えたものの、1人あたりの生産性がとんでもなく高いです。

部門ごとに、このように分かれています。

理念=家族が笑顔になる家

ビジョン=Greatな会社になる

中長期は、こうなる!と掲げておられます。

それに向かって、社員一丸となってやりましょうという事です。

定期的に行われる会議は、それぞれに趣旨があります。

講演の詳細は、お話できませんが

1人あたりの生産性が高まれば、会社にお金が残り

社員にその分還元でき、協力業者・お客様の為になるという事です。

中嶋社長は、このように順番をつけられています。

1、社員

2、協力業者

3、お客様

普通、順番が逆じゃないかと思いますが

社員の幸せが、絶対一番であると言われておられます。

なので、自ずと社員の生産性も高まるのだと思いました。

具体的な生産性の数字が、これです。

カイテキホームさんは、何と1800万/人だそうです!

ちなみに当社は1300万でした。

ただ、マシな方だと言われました。

この数字は、粗利を社員数で割ったものです。

1500万くらいの数字になれば、仮に消費税の問題等で

売上が下がっても、磐石であるらしいです。

また、安易に棟数を伸ばすのではなく

売上、粗利を高めることが大事であると

言われました。

当社は、年間20棟と限定しておりますので

一棟単価を上げれば良い訳です。

単純に、現在

20棟×2500万=5億(売上)なので

20棟×3000万=6億になりますよね。

スタッフが10名なので、そのままと考えれば

1500万/人の生産性になります。

それよりも高い1800万のレベルとは!?

20棟×3600万=7.2億になる訳です。。

一棟単価が3600万って・・・

ちょっと想像がつきませんが、それくらい高い生産性があると言うことです。

数字に強い、経営者になろうと心に決めました。

講演が終わった後は、グループディスカッションを行いました。

各グループの発表者は・・・

鹿児島 住まいず 有村社長

大分県 エッジライフ 井堀社長

相当、自分に酔ってる感じでした。

ここでも、カメラ目線かて!!

佐賀県 孝和建設 栗原社長

そして・・・

てか、写真撮りすぎ!!

熊本県 村田工務店 私

そう、全て いえせんメンバーでした!!(笑)

やっぱり日本の工務店は、いえせんが引っ張らなくては

イケナイ!!

勝手にそんな事を考えて

鼻息が荒くなってしまいました。

有意義な勉強会が終わり、懇親会へ・・・

そう、ここは・・・

もつ鍋で有名な

赤坂 やま中!!

まいうーーーーー!!

近藤社長、大儀でした!

中嶋社長を囲んで、凄い(グロイ)話が聞けました。

やはり経営者は数字であり

売上(利益)を上げて⇒社員に還元する⇒社員のモチベーションUP⇒売上UPの

サイクルになるんだと確信しました。

中嶋社長も、結構なご機嫌になっておられました。

てか、なんで吉川(力塾)さんおるねん!!(笑)

実は、勝っちゃんも同じ工務店でした。

そう言えば、夜のおもてなしは

いえせんで行いました!(笑)

濱野さん、約束しかと果たしましたよ!

東京行ったら、なんか下さい。

井堀社長が、辛麺を食べようと

ダダをこねたので、付き合いました。

麺はコンニャクでヘルシーにしました。

自分に勝った感じです。

カイテキホームの中嶋社長、渡辺さん
貴重なご意見をありがとうございました!
このお礼は、必ず数字でお返ししてみせます!!

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです 

ファイヤー 

       
                            

          
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内)

宮大工に始まり、大正5年より創業98年ののれん。
昔ながらの手刻みでの、まごころを込めた手づくりの家。
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅。
標準仕様(坪50万)は、アイシネン込の驚きの内容を
手の届く価格で設定。
HPでの仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!

 

村田工務店 代表取締役(四代目) 
 


感謝=ありがとうございます