ファイヤー村田(四代目)のブログ

命を守る建康住宅とは・・・

皆さん、こんばんは!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん??

 

さて

命を守る建康住宅とは

建康住宅と良くいいますよね?

では、建康住宅とはどんな住宅のことを言うのでしょうか?

 

 

ところで今朝は寒かったですね〜

久しぶりに車のフロントガラスが凍ってました。

外気は0度!!寒いはずです。

 

 

 

話は変わりますが、国内でのコロナウイルスの感染数を検索してみました。

約250人くらいみたいですね。

うち国内では数名の方が亡くなっているみたいです。

 

ちなみにコロナウイルスよりも亡くなっている数が多いのが・・・

 

 

そう、交通事故です。

年々減少傾向にありますが、年間3,000人以上の方が亡くなっておられます。

2000年は9,000人超え!!コロナウイルスの比じゃないですね?

 

しかし、もっとそれ以上とてつもなく亡くなっておられるのは何だと思われますか??

 

 

そうです!ヒートショックによる死亡が何と年間17,000人ですよ!!!

もし、この数字がコロナウイルスによるものだったら・・・

恐らく日本はパンデミックとなり、大混乱が起きると思います。

でも、なぜヒートショックでこれだけの数の方が、しかも自宅で亡くなっておられるのに、マスコミでも取り上げられないのは不思議だと思いませんか?

 

話を戻します・・・

 

 

今朝5時55分の気温は、上から外気2度、玄関ホール12度、二階17度、そしてリビングが18度でした。

お陰様で自宅で朝から、「寒っ!!」てブルったことは一度もありません。

なぜ朝から無暖房でもこれだけ家の中が暖かいのか?

 

それは3つの要因があります。

 

一つは、薪ストーブです。

 

 

我が家の薪ストーブは鉄ではなく、石で造られています。

なので、石による保温性が高い、すなわち熱が逃げにくい訳です。

(因みに夜7時に薪に火をつけて消えるのが12時くらいです。)

 

 

薪ストーブの熱は二階に上がりますので、火をつけている時は二階が暖かいです。

(リビング22〜23度の時、二階が24〜25度)

 

 

その熱を効果的に循環させる為に必要なのがプロペラです。

夏と冬では回す方向が異なります。

 

 

あと無垢材、漆喰も効果があると思います。

床が冷たくないです。(小国杉の浮造り)

 

2つ目は、断熱性能。

 

 

デコスドライ工法。

新聞紙を再利用したセルロースファイバーを使用しています。

自然素材なので木・漆喰との相性も抜群です。

 

 

 

屋根185mm 壁120mmを吹き込みます。

(弊社参考数値 UA値=0.46 C値=0.6)

詳しいデコスドライ工法の説明は、こちら。

新聞紙なので、特に梅雨時期に効果を発揮し、ジメジメ感が全くと言っていいほど感じられません。

 

 

最後はサッシです。

断熱材・断熱施工がどんなに優れていても、窓の性能が低いと効果が発揮できません。

 

 

特に冬場は窓から熱が約半分近く逃げてしまうのです。

逆に夏場は窓から約70%も熱が入ってきます。

窓を強化する必要があります。

 

 

サーモスX(LIXIL製品)トリプリガス+クリプトンガス入りを採用。

省エネ等級★4の高性能サッシです。(OP対応)

 

 

これにより南側の広い開口部でも熱の逃げを防止します。

(夏場は熱の入りを抑制)

 

 

更にプリーツスクリーンなどを採用すると効果的かと思います。

 

このように建康住宅とは、「夏涼しく冬暖かい家」

特に冬場の温度を家全体が一定になるような断熱仕様が重要であると思います。

コロナウイルスで少々パニック状態になっているようですが、今その自宅で多くの方がヒートショックにより家で亡くなっておられるのです。

家は命を守るものです。

安心で安全で健康で長生きできる家にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

感謝

「1%の価値観」・・・

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命です。

村田工務店 代表取締役(四代目)

 

村田工務店Homepage

 

 

村田工務店Instagram

 

 

村田工務店Facebook

 

 

村田工務店求人サイト

 

有限会社 村田工務店

〒861-2106 熊本市東区東野2-6-1

TEL 096-367-0811

Mail k-murata@wonder.ocn.ne.jp

気になる方は、遠慮なくお問い合わせください。

資料請求は、こちら。