ファイヤー村田(四代目)のブログ

匠の技・・・

おはようございます。

今日も暑いですね。

夏と冬が一日ごとに代わってくれるといいですね?

やっぱり、イヤですね?

ファイヤーメラメラ村田です。

(facebook始めました・・・)

さて、当社の大工さんをご紹介いたします。

現在専属10名おり

5組にTEAM編成しております。

専属ですから、どの組でも当たりはずれがなく

安心です。

外平組

チームMURATA

外平棟梁

神の手をもつ一人。

杉板のカウンターを造っております。

面つきの丸みが自然的でいい感じです。

これは、WCのカウンターかな??

Pは、海一筋です(笑)

チームMURATA

外平(元喜)大工

棟梁の甥になります。

真面目過ぎるくらい真面目な人です。

これは、杉板の浮造り(うずくり)の床板です。

凹凸感がたまらなく気持ちいいです。

先日、施主様が笑顔でふみふみ

しておられました。

上田組

チームMURATA

上田棟梁

神の手をもつ一人。

これは、階段の横の板を作っているところです。

この溝の中に、階段材がみごとに

はめ込まれていきます。

チームMURATA

木村大工

若いですが、某メーカーの棟梁をしており

その会社の倒産でうちに来てもらいました。

期待の星です。

井芹組

チームMURATA

井芹棟梁

兄弟でやっており、弟さんの方が棟梁です。

真面目で黙々といつも仕事しております。

口下手でたまに何言ってるかわからない時も

ありますが、感で聞いてます。

大黒柱の、このサクリに床板がキチンと

はめ込まれます。すごいですね。

チームMURATA

井芹(兄)大工

棟梁の兄貴さん。

いつもニコニコして、ブルーな時は顔を見ると

救われます。

大黒柱もこのように手加工です。

プレカットではできない、日本の伝承の

仕口を今でも絶やさずにやっております。

川上組

チームMURATA

川上棟梁

イケメンで身長も高くスリムで

彼には、唯一嫉妬します。

これは、キッチンのカウンター。

杉の自然の色がいい感じですね。

チームMURATA

吉川大工

若い社員にいつも厳しく指導をしてくれて

助かります。

P(パチンコ)に勝った時は、それで最新の

道具を買っており、色々持っております。

階段の手すりを造っているところです。

荒木組

チームMURATA

荒木棟梁

大工さんの中で一番の大食いです。

でもスリムですね?うらやましい。

先程、階段材の手加工がありましたが

このように造っていきます。

素晴らしいですね。

チームMURATA

井手大工

いい写真がなく顔が見えてませんが

昨年から某工務店さんを退職されて

来られました。

木村大工と同級生でライバルシンを持って

頑張っているようです。

丸太の仕口の仕上がりが美しいと

思いませんか?

丸太の皮を剥いてここまで造るのに

まる一日かかります。

このように当社は専属の大工さんによる

手づくりにこだわっております。

プレカット(工場加工)にすれば

切込みが約1日で終わり、工期短縮になり

価格でいえば約60~70万安くなります。

しかし、手加工にこだわるのは

先代からの伝承の技を後世に残さねば

なりません。

日本の伝統的な匠の技の

耐震工法の素晴らしさ。

メラメラを込めて

お造りいたします。

四代目予定

PS、光の森の現場がまもなく完成いたします。

   見学会に是非お越しくださいませ。