リフォーム or リノベーション

リフォーム+リノベーション=新・システム・・・

みなさん、おはようございます。

いつもあなたの心に、ファイヤー村田です。

今日は、どぎゃん??

一昨日は、大分で力塾の後

まさかの道間違いで、山奥に・・・

帰りは、1時過ぎでした。。

さて

リフォーム+リノベーション=新・システム

先日、リフォーム・リノベーションの勉強会にいきました。

社員も一緒に受けさせました。

中津社長、精力剤いつもありがとうございます!!

今回も、ミスターヤマウチ、いや

山内先生にご教授いただきました。

最近、身体を絞っているそうです。

多分、続かないと思いますが。

まず、住宅業界の現状、および今後の国の流れ(国策)等について

話がありました。

2025年 10年後には新築着工数が約60万戸になると予想されています。

100万戸から60万戸に減るということは、4割減。

すなわち、4割の建築会社が倒産するということです。

消費税の増税、少子化、なかでも問題なのが

日本の空き家です。

なんと、800万戸以上あるそうです。

なぜ、空き家のままにしておくのでしょうか??

それは、解体更地にすると固定資産税が上がるからです。

なので、そのままに。。

国は、今後この空き家を問題視しています。

それは・・・

中古住宅の流通です。

リフォームして資産価値を上げての流通です。

資産価値があれば、リフォームローンを融資するということです。

日本の住宅で最も問題なのが、資産価値です。

25年で評価が0になるのは、おかしいです。

欧米では、しかるべきリフォームをすれば資産価値が下がらずに流通されています。

今後、日本もこの考えに変わっていくそうです。

今後、40年の平均寿命にしようということで

そのための施策・補助金を国が考えているわけです。

ただ、リフォームといってもクロスの張替え・キッチンの取り替えなどの

修繕工事では資産価値はあがりません。

国が今後推奨するリフォームとは・・・

資産価値の上がる、耐震補強等のリフォームです。

一般的にリノベーションといわれる大型改修工事です。

ここで、問題なのが

その知識・技術がないと出来ません。

弊社は、手刻み工法100年の歴史、1000棟の実績があります。

伝統工法のコミセン打ち。

墨付けからの

魂を込めた、手刻み工法。

正式には、長期優良化リフォームが今後国の方針です。

それらには、補助金、税制優遇をしていくということです。

このように、リフォームは新築工事にくらべて需要は多いです。

しかしながら、会社によって工事も金額もバラバラです。

そこで、お客様の立場で、そこをわかりやすく、金額を提示できないか??

しかも、ご相談をいただいた

その場で。

そこで、今回、弊社が検討しているのが

リフォーム・リノベーション積算システムです。

なんと、いえせん佐賀の孝和建設さんもこれを導入されています。

リフォーム相談の時に、必ずお客様がおっしゃられるのは

「この内容で、大体おいくらくらいしますか??」です。

その時、工務店は「現場を見ないと何とも言えません。。」と言います。

じゃあ、現場を見ました。

このように剥がしていないわけですから、今度は

「見積もりしないと解りません。。」と言います。

現に、弊社もこれまでそのような言い方をしてきました。

しかし、お客様からしてみれば

どうしてプロなのに、金額がすぐ出せないんだろう??と思われている訳です。

水回りは、確かに剥がしてみたら、腐っていることもあります。

腐っていれば、当然土台の交換、柱の補強等が必要になります。

昔の大きな梁を上手く活かせないだろうか?

お父様の要望が非常に多いです。

そのような工事ができるのか?

耐震補強すれば可能なのか??

それで、いくらになって借り入れができるのか??

しかも新築と同様な低金利で。

このような、お客様の切実な想いに

即答でできる会社は、まだまだ少ないと思います。

これは、先日リノベーションを行った現場ですが

この大きな梁を活かせないか?

お父様の要望でした。

で、このように命を吹き込んだ訳です。

当時、リフォームの話をしても建替ばかり勧められて

嫌だったと話がありました。


こちらは、明治34年に建築された大きな梁を活かしたい!!

というご希望にお答え致しました。

「先祖もさぞかし喜んでいることでしょう」とご主人が満足されていたのを思い出します。


テレビ置きだった、床の間も蘇りました。

日本人は畳の間があるとやはり落ち着きますね。


弊社は、手刻み工法のみ年間20棟限定でお造りいたしております。

今後、着工棟数が減るのは避けられません。

専属の大工11名を遊ばせる訳にはいきません。

もちろんスタッフには、物心共々豊かになってもらわなくてはなりません。

今後、村田工務店は三本の柱でいきます。

新築・不動産・そしてリフォーム

詳細は、まだお話できませんが

概略このようなことが今後ご提案できます。

それは

お客様がリフォーム相談された、その場で見積もりが速攻で出せるシステムです。

築40年の4LDKですが・・・
屋根を葺き替えたい
外壁を塗り替えたい
LDKを広くしたい
設備を一新したい
耐震補強がしたい
和室8畳をどうにかしたい
寝室・子供部屋をかえたい
昔の柱、梁をみせたい
おしゃれにしたい

これで、いくらくらいになりますか??

この問いに、その場で

「今からシミュレーションを行いますので・・・
 概算で、約⚪︎⚪︎⚪︎万くらいです!!」

と、答えられるシステムです。

もう一度言いますが

今後新築は4割減ります。

代わりにリフォーム・リノベーションが増えていきます。

熊本で、リフォーム専門会社はまだまだ少ないです。

「熊本でお勧めのリフォーム会社」で検索されて

名前があがることが理想です。

少し長くなりました。。

何か、ご質問があられましたら

HPの「お問い合わせ」より遠慮なくメール下さいませ。

当社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです 

ファイヤー 

                         
          
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内)

宮大工に始まり、大正5年より創業98年ののれん。
昔ながらの手刻みでの、まごころを込めた手づくりの家。
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅。
標準仕様は、長期優良住宅(手刻みでは九州初)・低炭素住宅・省令準耐火構造
外壁漆喰・そしてアイシネン気密断熱システム全て込みの驚きの内容を
手の届く価格に変更致しました。
HPでの価格・仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

特徴=魂を込めた手刻みの家づくり
利点=プレカット(工場加工)ではなく、棟梁が木の特徴を見極めながら
   一棟一棟墨付け・切り込み、魂を込めて家づくりを行います。
   11名の専属大工5組で構成され、20棟限定で安心です。
   100年の会社の歴史は、100年の家族の安心。
      
手刻みにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!

を込めた手刻みで、あなたの心にみます。

 

村田工務店 代表取締役(四代目) 
 


感謝=ありがとうございます


村田工務店に勤めて、本当に良かったと思えるように。

村田工務店に頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

村田工務店と出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

天が味方する、村田工務店であるように。

四方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし・天よし)