ファイヤー村田(四代目)のブログ

JPSA熊本支部2019・4月定例会・・・

皆さん、おはようございます!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん?

熊本を元気にします!

ところで、、皆さんは何か自己啓発されておられますか?

読書もその一つですね。

「努力は裏切らない」そんな言葉もありますよね。

さて

JPSA熊本支部2019・4月定例会

先日、市民会館で行われました。

約30名の方にお越しいただきました。

ご参加いただきました皆様方には心より感謝申し上げます。

新たに就任された飯田(*BPS)副支部長。

ニックネームは、パゴス。

私が命名しましたw

なぜパゴスなのか知りたい方は、支部会にお越しくださいw

 

今回も出張中の忙しい中準備などご苦労様でした!

*BPS=一般財団法人日本プロスピーカー協会 認定ベーシックプロスピーカー

今回のタイムスケジュール

JPSAとは、一般財団法人日本プロスピーカー協会を言いますが、その熊本支部になります。

毎月、勉強会を行なっております。

勇支部長・岩田副支部長・飯田副支部長、そして私は広報を任されています。

広報は、非常に重要な役割です。

特に今は、SNSを駆使しながら効果的に情報を発信いたしております。

 

お陰様で、熊本支部会は参加者が増え続けております。

できれば毎月50名超の参加をいただき、勉強会ができればと思っております。

(私が主催で行なっているファイヤー塾とは異なります)

 

 

鹿児島から遥々お越しいただきました、宮川(左)さんと矢野(中)さん。

同様に鹿児島でも毎月勉強会を行なっておりますが、まだ鹿児島支部となっていません。

プロスピーカーが最低2名以上居なければならないのと、本部からの了承を頂かなくてはなりません。

その立ち上げのためにわざわざご参加くださいました。

ありがとうございます。

 

夜に行なっておりますが女性の方も多く参加されておられます。

なぜ、忙しいのにわざわざ参加されるのか?

それは、単に幸せになりたいからです。

もう一つは、悩みを解決したいからです。

 

皆さんは、現在ストレスを感じておられますか?

それは、事実ですか?解釈ですか?

多分、どちらも正解かもしれませんが、身近な人との人間関係ほど苦しいと思います。

身近な人とは、夫婦関係・親子関係・兄弟関係・そして職場関係。

 

熊本はBPSが9名おりますが各テーブルに配置して、参加者のサポートを行なっております。

その人の話をよく聞き、支援し、励まし、尊敬し、信頼し、受容しています。

たまには、自分の体験談を話しながら、分かち合っていただいています。

 

そして、今回のゲストスピーカーである、直江 朗(BPS)さんです。

熊本9人のBPSの一人です。

テーマは・・・

「楽を選べば苦しみが倍返し」

〜逃げない自分の作り方〜

非常に勉強になりました。

流石はBPSです。

思いではなく実のある話でした。

 

皆さん、楽思考ですか?

楽の反対は、挑戦とありましたが、大抵の人は「楽」を選択されているのではないでしょうか?

例えば、資格を取らなければならないのに、友達と飲みに行く・・・とかw

早起きしたいけど、あと3分・・・あと5分・・・

 

楽をすれば、後から苦しみが倍になって帰ってきますよ〜という話でしたが、私も楽思考のところは当然あります。

腹筋を6Pにしたいと筋トレ・ランニングを毎週行なっておりますが、締めのラーメン食べるとか・・・w

 

楽を選択せずに、いかに挑戦し続けるか・・・

その貴重な技術をお話いただきました。

事情によりプレゼンの写真が投稿できないのが残念です。

 

参加者の方も真剣に聞いておられました。

直江BPS、ありがとうざいました!

チャーリ、ある意味輝いていたよ!w

 

そして、元・徳永副支部長(左)と岩田副支部長(中)が前に呼ばれて・・・

 

実は、事前の役員会議で徳永さんのこれまでの熊本支部会に対しての貢献を考慮して、副支部改め、相談役に任命させて頂きました。

 

益城町出身ということで熊本地震で被災されましたが、「私にできること」を自ら率先模範され、どれだけ熊本に人々に愛と勇気を与えて来られたか・・・

 

その功績は計り知れません、また自らコンサルとして全国を飛び回る日々、そして家庭をもつ主婦として二足のわらじで頑張ってこられました。

 

これからは相談役として、私たちをサポートしていただければと思います。

熊本の母ちゃんは健在です!!

 

改めて、母ちゃん、いや徳永相談役、今後とも宜しくお願いいたします!

 

今、熊本は元気です!!

 

そして来月は、5月14日にあります。

 

申し込みは、こちらのQRコードからお願いします!

 

次回の講師は、万江BPS。

私の同期であり同じ時期にプロスピーカーに合格しました。

是非、聞いていただきたく思います。

 

彼は保険業界で現在大成功をしていますが、さらにFPコンサルとして講演及びセミナーなど、工務店業界で引っ張りだこです。

予約が取れないくらいの人気です。

村田工務店としても大変お世話になっております。

 

「幸せを作り出す技術」

〜仕事はサクセス、プライベートはハピネス〜

是非、ご参加をお待ちいたしております!

 

 

最後に・・・

私が忙しい中でも何故このような活動を行なっているのか?

それは、自分の自己啓発もありますが周りの人に貢献したいという気持ちです。

それから、この学びの場でご縁があった方から仕事の依頼もありました。

 

幸せになるためには、周りを幸せにしなさい!と学びました。

今、私は夫婦で参加して学んでいます。

 

仕事と家庭、その両方で幸せを感じることができたら、どれほど人生が楽しいか。

今、まさに私はこの境地に入ろうとしています。

不幸感を感じていたのは周りのせいだと思い込んでいた三年前から、一気にパラダイムシフトが起きました。

不幸感を選択していたのは、自分だったのです。

だから、不幸感を選択せずに、幸福感を選択するように変わりました。

そしたら、今まで見えなかったものが見えるようになったのです。

 

一番は、身近な人への感謝です。

家族を幸せにできない人が、社員を幸せにできない。

社員を幸せにできない人が、お客様を幸せにできない。

そして、今、私が存在するのは両親から生まれてきたのだと。

 

それから他人と一切の比較がなくなり、人に対して不満がなくなりました。

以前は、よく人の悪口・不満などを言ってました。

 

それが、先日の支部会の後の懇親会で・・・

「村田さんは、人の悪口を絶対に言わないから人が集まるんじゃないかと思います。」と言われました。

確かに最近はそうかもしれません。意外でした。自分で聞いて、なんだか他人事のようでした。

 

人生は一度きりです。私ももっと幸せになりたいし、私と縁ある人を幸せにしたいと思っています。

だから、学び続けるのです。

 

 

感謝

何か、ご相談・ご質問等ございましたら
HPの「お問い合わせ」より遠慮なくメール下さい!
訪問NGの方には、メールで対応致します
弊社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです
ファイヤー

100周年記念サイトは、こちら
         
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内
初代  村田儀平
二代目 村田正省
三代目 村田和廣(現会長)
四代目 村田英樹(現社長)
宮大工に始まり大正5年より創業百年、四代に渡り歩んで参りました。
昔ながらの手刻み工法にこだわり
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅です。

長期優良住宅(手刻みでは九州初)を標準仕様とし、手の届く価格に改正致しました。
(更に太陽光を載せれば、ZEH=ゼロエネ住宅になります)

HPでの価格・仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

目的=手刻みの家づくりで、お客様を幸せにします!

目標=手刻みの素晴らしさを、日々発信します!

ビジョン=社員・大工その家族の物心共の豊かさつくり!

特徴=魂を込めた、「手刻み」による家づくり
プレカット(工場加工)ではなく、棟梁が木の特徴を見極めながら
一棟一棟墨付け・切り込み、魂を込めて家づくりを行います。
10名の専属大工5組で構成され、年間20棟限定です。
創業100年による100年品質。

手刻みにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!


村田工務店 HP k-murata@wonder.ocn.ne.jp

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命ですメラメラ

村田工務店 代表取締役(四代目)
 


感謝=ありがとうございます
四方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし・天よし)

村田工務店に勤めて、本当に良かったと思えるように。

村田工務店に頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

村田工務店と出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

天が味方する、村田工務店であるように。

村田 英樹

この記事を書いた人

ファイヤー村田

人呼んでファイヤー村田。その名の通り、接した人々に魂の火を付ける熱い男。 パッと見ると、どこぞの組の人かと思う厳つい風貌。 それはある塾によって鍛錬している成果だとか。そんな見た目とは反してお客様のこと、社員、大工さんのこと、 これからの手刻み工法のこと、 そして何より家族のことを一番に考えている、心も熱い人物です。私にとって背中を追いかけていきたい尊敬に値する一人の男です。 (決してゴマをすっているわけではございません)