ファイヤー村田(四代目)のブログ

1年前のコミットメント・・・

皆さん、こんにちは。

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん??

 

さて

1年前のコミットメント

今は本当に便利な世の中ですね。

一年前の昨日は、私にとって特別な日でした。

娘の吹奏楽部が日本一に3回輝いた三連覇の日でもあったのですが・・・

 

結婚して18年ぶりに結婚指輪の交換をした日でもありました。

最近の私と妻を見ている人からすれば、恐らく想像ができる良い話のように

感じると思いますが、以前の私を知っている古い付き合いの者からすれば

よく変わったな!?っというくらい夫婦の仲は改善されたと思います。

あのままだったら・・・100%離婚になっていました。

 

アチーブを受講してから・・・変わったのか??

多分、それは確実だったと思います。

人間関係の構築は技術であると学んだからです。

 

もし、今このブログを見ておられる方で、夫婦関係があまり良くない方は

是非、これから話すことをやってみて下さい。

素直にできれば改善しますから。

 

思いやりを示す7つの習慣

1,傾聴する 2,支援する 3,励ます 4,尊敬する 5,信頼する 6,受容する

7,意見の違いについて常に交渉する

これをするだけで確実に人間関係は改善されます。

 

但し、同時にやってはいけないことが次の事です。

 

致命的な7つの習慣

1,批判する 2,責める 3,文句を言う 4,ガミガミ言う 5,脅す 6,罰する

7,自分の思い通りにしようと褒美で釣る

これをやったら逆に人間関係が破壊されるといいます。

通称=外的コントロールです。

 

人間関係で悩んでいる方は、如何でしょうか?

外的コントロールを使っていませんか?

 

以前の私は、まさに外的コントロールを妻に使いまくっていました。

何故か!?

人を変えることができると思っていたからです。

「お前のせいで俺は不幸になっているんだよ!!俺の足を引っ張るな!」

酷い時は、物を投げつけたり、物にあたったり・・・

まさに、感情がコントロールできずに、幼い行動をしていました。

今、思えば妻は、良く我慢してきたと思います。

 

逆の立場だったら、こう言うと思います。

離婚して下さい!

と言うか、黙って実家か友達の家に出て行ったと思います。

 

では、何故夫婦関係が良くなったのか?

それは、私が行動を変えたからです。

いいですか?

自分から変わらなければ、相手から変わることは、永遠にありません。

 

 

では私は、何をしたのか・・・

カレーを作りました(爆)

日曜日の夕食に、18年ぶりに作りました。

家族の為に何かをしたかった。

言葉をかけることが出来ない私にとって、行動ならできる。

 

毎週日曜日に作りましたw

1ヶ月くらい経った時、何と息子がお代わりをしてくれたんですよ!

「龍星、旨かったろ!?」

「腹が減ってたんだよ・・・」

そうかw

でも、私はとても嬉しかったんですよ。

そして、いつしか妻が隣でデザートを作ってくれるようになりました。

 

 

そして、行動を変えてから3ヶ月くらい経ち・・・

夫婦で受講をするようになり・・・

結婚指輪の交換を、念願だったレストラン「カシータ」青山本店で

行うことが出来ました。

今では、夫婦で「力塾」の筋トレを毎週行うようになり・・・

 

ジョギングをするようになりました。

ジョギングは、お勧めです!

会話がなくても一緒にする行動ですから、口下手な男性にはもってこいですw

 

18年ぶりの結婚指輪ですが、私がこれに決めたのは・・・

恐らく3分もかかっていなかったと思いますw

即決タイプなものですからw

 

妻は、じっくり選んでいました。

私に合わせた方が良いのか、自分の好みが良いのか・・・

こういうのは女性特有の考え方ですね。

というか、以前の私は妻の買い物に付き合った事などありませんでした。

 

実は、以前に行ったことがあり、次は必ず妻と行こうと決めていました。

(1回目は女性ではなく、友人ですw)

2回目の来店に嬉しいメッセージカードが置いてありました。

 

食事が終わり、オープンテラスでデザートを。

風が気持ちよかったです。

 

覚えていませんが。

 

粋なサプライズがありました。

「席の準備が整うまで、こちらでどうぞ!」とカウンターで高橋オーナーから

シャンパンをご馳走になり、その時に撮って頂いたものです。

流石、日本一のホスピタリティーのある「カシータ」です。

 

(あっ高橋さん、ネタバレ不味かったですかね?w)

 

 

そして、私のプロスピーカー試験のトップ画面が「この写真」なのです。

そう、私は乙女座なのw

 

プロスピーカーになって初めての講演が鹿児島で。

そして、先日大阪で機会を頂きました。

私にとって、メッセージを続けることで

自分の人生の目的にコミットメントをするようなものです。

 

「考え方が変われば人生が変わる。」

〜身近な人を大切にする生き方〜

ご静聴ありがとうございましたw

 

あっ、それと最後にこのメッセージを・・・

あなたは、何も変える必要はありませんよ。このままで良かったら。

 

 

 

感謝

何か、ご相談・ご質問等ございましたら
HPの「お問い合わせ」より遠慮なくメール下さい!
訪問NGの方には、メールで対応致します
弊社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです
ファイヤー

100周年記念サイトは、こちら
         
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内
初代  村田儀平
二代目 村田正省
三代目 村田和廣(現会長)
四代目 村田英樹(現社長)
宮大工に始まり大正5年より創業百年、四代に渡り歩んで参りました。
昔ながらの手刻み工法にこだわり
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅です。

長期優良住宅(手刻みでは九州初)を標準仕様とし、手の届く価格に改正致しました。
(更に太陽光を載せれば、ZEH=ゼロエネ住宅になります)

HPでの価格・仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

目的=手刻みの家づくりで、お客様を幸せにします!

目標=手刻みの素晴らしさを、日々発信します!

ビジョン=社員・大工その家族の物心共の豊かさつくり!

特徴=魂を込めた、「手刻み」による家づくり
プレカット(工場加工)ではなく、棟梁が木の特徴を見極めながら
一棟一棟墨付け・切り込み、魂を込めて家づくりを行います。
10名の専属大工5組で構成され、年間20棟限定です。
創業100年による100年品質。

現在、手刻工法は全国でも1%のシェアです。99%がプレカット(工場加工)です。

その1%に、人生をかけています。

その1%に、命をかけています。

その1%に、未来をかけています。

手刻みにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!

@求人募集!!

手刻みの家づくりに共感する方を募集しています!

我々と一緒に魂を刻みましょう!!

詳しくは、こちら→求人サイト 求人動画

image

image


村田工務店 HP k-murata@wonder.ocn.ne.jp

村田工務店 facebook

LIXILリフォームショップ facebook

村田英樹 facebook

全国手刻み工務店の会 facebook

いえせん九州(会長) HP

JBN九州次世代の会(会長) facebook

KKN(熊本工務店ネットワーク)副会長 HP

くまもと希望の星(副会長) HP

私の人生理念は・・・

自分を愛し、私に関わる全ての人々を幸せにする事です。

如何なる時でも、無償の愛を与え

如何なる時でも、燃える情熱を注ぎ

如何なる時でも、感謝を忘れない。

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

私のビジョンは・・・

プロスピーカーになり建築業界を明るい未来に変える事です。

手刻み工法の素晴らしさを伝え、全国手刻工務店の希望の星になる事です。

魂を込めた手刻みで、あなたの心に刻みますメラメラ

私が成功しなければならない理由・・・

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命ですメラメラ

村田工務店 代表取締役(四代目)
 

私の三信条=愛・情熱・感謝

男の約束のブログはこちら


感謝=ありがとうございます
四方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし・天よし)

村田工務店に勤めて、本当に良かったと思えるように。

村田工務店に頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

村田工務店と出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

天が味方する、村田工務店であるように。

村田 英樹

この記事を書いた人

ファイヤー村田

人呼んでファイヤー村田。その名の通り、接した人々に魂の火を付ける熱い男。 パッと見ると、どこぞの組の人かと思う厳つい風貌。 それはある塾によって鍛錬している成果だとか。そんな見た目とは反してお客様のこと、社員、大工さんのこと、 これからの手刻み工法のこと、 そして何より家族のことを一番に考えている、心も熱い人物です。私にとって背中を追いかけていきたい尊敬に値する一人の男です。 (決してゴマをすっているわけではございません)