ファイヤー村田(四代目)のブログ

御船町小坂の家 祝上棟・・・

皆さん、こんばんは!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん?

もうすぐでGWですね!!

今回は新元号「令和」にともない大型連休になっていますね!

弊社のGWは・・・

4月28・29日 5月1・3・4・5・6日の7日間が休日となります。

4月30日・5月2日は営業日です。

今回はいつもより休みが多いので、久しぶりに社員・大工職に本を読んでもらおうと思います。

松下幸之助さんが言われた「一日休養一日教養」

このような時にしか本を読まないと思いますので、自分の成長の為に読んでもらおうと思います。

私は、最低3冊くらい読もうと思っています。

後日、ブログでUPしますね!

さて

御船町小坂の家 祝上棟

熊本地震で被災されての建替です。

まずは、施主様と上田棟梁で四方をお神酒で清めます。

朝方は少し雨がパラつきましたが、後から快晴になりました!

 

恒例の大黒柱立て。

7寸(21cm)の大きな大黒柱です。

自分で立てるので、愛着も湧かれると思います。

ちなみに私は五代目予定の息子と一緒に立てましたが、それはそれは感動でした。

息子にとっても「自分で立てた家」として一生の思い出になると思います。

 

おめでとうございます!

 

大黒柱を立てたところで施主様とお神酒で乾杯。

 

さあ、始まります!

 

梁が交差するところに大黒柱がある訳です。

家は、「家族の命を守る」ことが最大の役目だと思っています。

 

昔はこの大きな梁を手で上げていたのですよね!?

すごいですね~

 

今は、クレーンで釣り上げるから昔に比べて比較にならないほど効率が良くなってると思います。

 

上田棟梁の元指示が飛び交います。

 

私が現場に着いた頃にはシートを張られていました。

早いですね~

地震以降は圧倒的に平屋が多くなりましたね。

平屋の方が二階の重みがない分、確かに地震に強いと思いますが、敷地の状況によって二階建てしか建てられなくても全く問題ありません。

何故なら、弊社では構造計算(許容応力度計算)による裏付けがあるからです。

 

こちらの住宅も32坪の平屋ですが、構造計算(耐震等級3)をした長期優良住宅となっております。

紙を巻いているのが化粧材になりますが、斜めに上ったのが登り梁でLDKの天井を勾配にして解放感を得る為です。

これは平屋ならではの特権ですね。

 

LDK天井の最高天はどれくらいだと思いますか??

 

なんと3.7Mと書いてありました。

一般的な天井高さが2.4Mですので1.3M更に高いことになりますね。

 

丸太の太鼓張りも使用しております。

最近では使われなくなったそうです。

 

お昼

施主様からご挨拶がありましたが「やっとこの日を迎えることが出来ました・・・」

熊本地震で被災されましたが、私も同じ体験をしましたので良くわかります。

「完成を楽しみにしています。」

 

必ず満足して頂こうとコミットメント致しました。

 

私からは、「数ある建築会社の中から弊社村田工務店をご指名頂きまして改めてお礼申し上げます!」と感謝の意をお伝えいたしました。

合い見積もりではなく弊社一本でご決断頂き大変うれしく思いました。

 

弊社は、昔ながらの「手刻み工法です」

棟梁が墨付けをし・・・

職人が刻む。

(これは掘っていますがw)

 

変えていけないものと変えなければならないもの。

大正五年から創業102年になりますが、先代からの技術を100年間守り続けています。

その家づくりに対する理念を共感してくださった方が弊社のお客様になっておられます。

 

これからも150年、200年と変わらず守り続けて参ります。

 

担当は、新婚ホヤホヤの村上。

10キロ太ったそうですw

 

この日のお弁当は・・・

御船町にある「ふじき」実は、私の叔母が勤めている所です。

美味しかったです!

 

 

エネチャージが終わり・・・

屋根じまいも無事終わりました。

 

 

 

扇も取り付けられました。

K様、改めておめでとうございます!!

 

 

感謝

何か、ご相談・ご質問等ございましたら
HPの「お問い合わせ」より遠慮なくメール下さい!
訪問NGの方には、メールで対応致します
弊社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです
ファイヤー

100周年記念サイトは、こちら
         
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内
初代  村田儀平
二代目 村田正省
三代目 村田和廣(現会長)
四代目 村田英樹(現社長)
宮大工に始まり大正5年より創業百年、四代に渡り歩んで参りました。
昔ながらの手刻み工法にこだわり
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅です。

長期優良住宅(手刻みでは九州初)を標準仕様とし、手の届く価格に改正致しました。
(更に太陽光を載せれば、ZEH=ゼロエネ住宅になります)

HPでの価格・仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

目的=手刻みの家づくりで、お客様を幸せにします!

目標=手刻みの素晴らしさを、日々発信します!

ビジョン=社員・大工その家族の物心共の豊かさつくり!

特徴=魂を込めた、「手刻み」による家づくり
プレカット(工場加工)ではなく、棟梁が木の特徴を見極めながら
一棟一棟墨付け・切り込み、魂を込めて家づくりを行います。
10名の専属大工5組で構成され、年間20棟限定です。
創業100年による100年品質。

手刻みにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!


村田工務店 HP k-murata@wonder.ocn.ne.jp

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命ですメラメラ

村田工務店 代表取締役(四代目)
 


感謝=ありがとうございます
四方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし・天よし)

村田工務店に勤めて、本当に良かったと思えるように。

村田工務店に頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

村田工務店と出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

天が味方する、村田工務店であるように。

 

村田 英樹

この記事を書いた人

ファイヤー村田

人呼んでファイヤー村田。その名の通り、接した人々に魂の火を付ける熱い男。 パッと見ると、どこぞの組の人かと思う厳つい風貌。 それはある塾によって鍛錬している成果だとか。そんな見た目とは反してお客様のこと、社員、大工さんのこと、 これからの手刻み工法のこと、 そして何より家族のことを一番に考えている、心も熱い人物です。私にとって背中を追いかけていきたい尊敬に値する一人の男です。 (決してゴマをすっているわけではございません)