ファイヤー村田(四代目)のブログ

プロの仕事(トイレ編)・・・

皆さん、おはようございます!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん??

 

昨夜は、いい話が聞けました。

自分の発言には改めて責任を持たなくてはならない!と思いました。

 

 

さて

プロの仕事(トイレ編)

弊社でもよく造っている造作手洗いカウンター。

高級感があっていいですよね?

 

では、どうやって造られているのか?

まずは、施主様と一緒に選んだボールを棟梁に。

その前に、現場担当が詳細図(1/20)でカウンターの収まりを伝えています。

それを基に木を加工します。

 

ボールの大きさに合わせてくり抜きます。

なんかギザギザが見えますね?

 

こんな感じですっぽりと納まります。

しかし、よく見ると・・・

 

ギザギザの形に見事に収まっています。

埋め込みの高さも考えます。

そう、手洗い水洗の収まりがあるからです。

 

それにしても、ここまで寸分狂わずに切り込みを入れられるものですよね!?

凄いと思いませんか?

普通だったら、丸くくり抜いて、隙間はコーキングで終わり!だと思うんですよね?

素人には、わからないし、多分見えないと思います。

心で見なければ・・・

 

左官職人も、建具職人も、当然、このギザギザにくり抜かれたカウンターを観ます。

そしたら、一流の職人なら、こう思うはずです。

(よく、ここまでやるよな・・・)

(俺たちも、このレベルで仕事をしないといけないな・・・)

 

そして、良い作品が出来るんだと思います。

一流のプロの仕事は素晴らしいと思います。

実際に見て触れて頂きたいと思います。

本物の仕事を。

 

少し、真面目なブログかしらw

 

 

 

感謝

何か、ご相談・ご質問等ございましたら
HPの「お問い合わせ」より遠慮なくメール下さい!
訪問NGの方には、メールで対応致します
弊社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです
ファイヤー

100周年記念サイトは、こちら
         
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内
初代  村田儀平
二代目 村田正省
三代目 村田和廣(現会長)
四代目 村田英樹(現社長)
宮大工に始まり大正5年より創業百年、四代に渡り歩んで参りました。
昔ながらの手刻み工法にこだわり
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅です。

長期優良住宅(手刻みでは九州初)を標準仕様とし、手の届く価格に改正致しました。
(更に太陽光を載せれば、ZEH=ゼロエネ住宅になります)

HPでの価格・仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

目的=手刻みの家づくりで、お客様を幸せにします!

目標=手刻みの素晴らしさを、日々発信します!

ビジョン=社員・大工その家族の物心共の豊かさつくり!

特徴=魂を込めた、「手刻み」による家づくり
プレカット(工場加工)ではなく、棟梁が木の特徴を見極めながら
一棟一棟墨付け・切り込み、魂を込めて家づくりを行います。
10名の専属大工5組で構成され、年間20棟限定です。
創業100年による100年品質。

手刻みにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!


村田工務店 HP k-murata@wonder.ocn.ne.jp

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命ですメラメラ

村田工務店 代表取締役(四代目)
 


感謝=ありがとうございます
四方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし・天よし)

村田工務店に勤めて、本当に良かったと思えるように。

村田工務店に頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

村田工務店と出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

天が味方する、村田工務店であるように。

村田 英樹

この記事を書いた人

ファイヤー村田

人呼んでファイヤー村田。その名の通り、接した人々に魂の火を付ける熱い男。 パッと見ると、どこぞの組の人かと思う厳つい風貌。 それはある塾によって鍛錬している成果だとか。そんな見た目とは反してお客様のこと、社員、大工さんのこと、 これからの手刻み工法のこと、 そして何より家族のことを一番に考えている、心も熱い人物です。私にとって背中を追いかけていきたい尊敬に値する一人の男です。 (決してゴマをすっているわけではございません)