ファイヤー村田(四代目)のブログ

お引渡し・・・

皆さん、おはようございます!

いつもあなたの心に、ファイヤーメラメラ村田です。

今日は、どぎゃん??

 

さて

お引渡し

先日、益城町辻ノ城の家をお引渡しさせて頂きました。

 

高齢者に配慮した、バリアフリー住宅です。

 

手すりの高さも、ちょうど良かったみたいです。。

 

勾配天井を活かして最高高が約4Mくらいあります。

 

Y様には親子二代に渡り計3軒お世話になりました。

 

上棟式の恒例の大黒柱立てにも

「わしもやる。」と上がってこられましたw

(事故等に十分に配慮して行っております)

 

つかまっているだけのように見えますが、気のせいですw

 

上棟式の際には、自ら挨拶を頂きました。

三代目の会長の時から大変お世話になっているY様です。

「村田に頼んだと言ったら、あそこなら大丈夫と周りが安心した。」

ありがたいお言葉を頂きました。

 

私からも感謝とお祝いの言葉を述べさせて頂きました。

 

Y様のお父様は90歳を超えておられますが

まだまだ、お元気です。

鋭い眼光は今も健在ですw

 

20年前を思い出します・・・

私が入社したての頃、社長(三代目)と私(専務)で契約のために

正月の4日に訪問した際、Y様はなかなか印鑑を押して頂けませんでした。

「地元ですので精一杯、頑張ります!」

当時の社長は、あらゆる角度から説得をしていました。

それを隣で聞き、勉強になりました。

(俺だったら、こう言うな~w)

 

Y様は、当時井関農機で何百人と部下を持っていたと伺っておりましたが

笑顔の中にも眼光鋭く光っていたのを今でも記憶しております。

 

改めてY様、お世話になりました。

そして、おめでとうございます。

 

 

感謝

何か、ご相談・ご質問等ございましたら
HPの「お問い合わせ」より遠慮なくメール下さい!
訪問NGの方には、メールで対応致します
弊社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです
ファイヤー

100周年記念サイトは、こちら
         
営業エリア=熊本市・市近郊(1時間内
初代  村田儀平
二代目 村田正省
三代目 村田和廣(現会長)
四代目 村田英樹(現社長)
宮大工に始まり大正5年より創業百年、四代に渡り歩んで参りました。
昔ながらの手刻み工法にこだわり
厳選した、杉材・桧材100%使用の、本物の自然素材住宅です。

長期優良住宅(手刻みでは九州初)を標準仕様とし、手の届く価格に改正致しました。
(更に太陽光を載せれば、ZEH=ゼロエネ住宅になります)

HPでの価格・仕様書公開は、業界ではタブーとされていますが
あえて、誠実に駆け引きなしで商売させていただきたく公開しております。

目的=手刻みの家づくりで、お客様を幸せにします!

目標=手刻みの素晴らしさを、日々発信します!

ビジョン=社員・大工その家族の物心共の豊かさつくり!

特徴=魂を込めた、「手刻み」による家づくり
プレカット(工場加工)ではなく、棟梁が木の特徴を見極めながら
一棟一棟墨付け・切り込み、魂を込めて家づくりを行います。
10名の専属大工5組で構成され、年間20棟限定です。
創業100年による100年品質。

手刻みにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!


村田工務店 HP k-murata@wonder.ocn.ne.jp

現在、手刻み工務店は全国で1%のシェアしかありません。

99%が工事加工によるプレカット工法です。

だからこそ、その1%に価値があるのです。

私たちの家づくりには、手刻みによる大工の魂が込められています。

その手刻みの素晴らしさを伝えるのが、私の天命ですメラメラ

村田工務店 代表取締役(四代目)
 


感謝=ありがとうございます
四方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし・天よし)

村田工務店に勤めて、本当に良かったと思えるように。

村田工務店に頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

村田工務店と出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

天が味方する、村田工務店であるように。

村田 英樹

この記事を書いた人

ファイヤー村田

人呼んでファイヤー村田。その名の通り、接した人々に魂の火を付ける熱い男。 パッと見ると、どこぞの組の人かと思う厳つい風貌。 それはある塾によって鍛錬している成果だとか。そんな見た目とは反してお客様のこと、社員、大工さんのこと、 これからの手刻み工法のこと、 そして何より家族のことを一番に考えている、心も熱い人物です。私にとって背中を追いかけていきたい尊敬に値する一人の男です。 (決してゴマをすっているわけではございません)