スタッフブログ

グレイテスト・アフターマンのGW休暇。

なぜ めぐり逢うのかを

私たちは なにも知らない

いつ めぐり逢うのかを

私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの

遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私

織りなす布は いつか誰かを

暖めうるかもしれない・・・

 

ゴールデンウィークが終わりましたが、

皆様いかがお過ごしだったでしょうか??

 

アフターメンテナンス田代は、

・初日の結婚式から始まり、

・家族と公園で遊んだり、

・映画を観に行ったり、

・バーベキューしたり、

・温泉に入って、ゆったりしたり。

普段は出来ない家族との充実したひと時を過ごさせて頂きました。

ゴールデンウィーク、初日。

5/3(木)結婚式。・・・中学時代の同級生の結婚式に出席しました。

野球部のメンバーの中で、唯一、結婚していなかった当時のキャプテン。

親子の繋がり、 夫婦の繋がり、 新しい生命との繋がり。

身近な先輩・後輩の繋がり、 縁ある人々との繋がり・・・。

 

彼がラストメッセージで、

会場全体にスピーチした時、自然と涙がこぼれました。

 

それは、

現在に至るまで、支えて下さった人へむけた、感謝のスピーチ。

普段は面と向かって言えない、両親へむけた、感謝のスピーチ。

 

じーん。(T  T)涙

色々なことに気づかされるという、連休の幕開けでした。

当時から、自分のことだけでなく、

まわりの事もちゃんと考えて行動する彼だから、

みんなにも気持ちが伝わったのだと思います。

彼のように、まわりの人との関係を大切にしている人は

幸せだと思いました。

 

人は、誰しも一人では生きてはいけません。

 

そして、世の人々が抱えている悩みの80%~90%は、

人間関係についての悩みだといいます。

 

 

つまり、

幸福感とは、他の人との関係性の中から生まれる、と

ある本に書かれてありました。

 

本???

そうなんです。実はこちらの本は、

現在、社長と、幸さんと3人で学んでいる、

選択理論心理学の本ですが、

この本を、今回のGW連休前の夜に読みました。

 

なぜか?というと、

 

これまで、選択理論心理学と出会うまで、

田代は、自分の家族を後回しにして、外付き合いを優先していました。

 

なので、連休に入る前に、少し自分なりに反省をしてから、

ゴールデンウィークを迎えることにしました。

 

インサイドアウト。

 

自分を大切にして、つぎに身近な人を大切にする。

そして、縁ある人々を大切にする・・・インサイドアウト。

 

まさに、

昔から日本人の持っている価値観ではないでしょうか?

 

村田工務店では、今も昔も変わらず、

古き良き日本の伝統文化・価値を残そうと、技術以外の内面も

みんなで育んでおります。

 

日本人だからできること。と、

熊本県民だけんできるこつ。を大切にしております。

 

ちなみに、紹介したこちらの本では、

人間関係をよくするためのヒントが

多数、紹介されてあります。

 

職場や家庭における様々な人間関係の悩みって、

なかなか解決が出来ないでいることって、ないですか?

まわりを見渡すと、意外と多いですよね。

誰でも豊かな人生を送りたいと願っています。

なのに、なかなか、あの人と上手く付き合えないでいる・・・

そんな方や、もし、この本に興味を持たれた方がいらっしゃったら、

田代まで、ご相談ください。

 

さて、今回のゴールデンウィークは、5/3(木)~6(日)まで、

計4日間ありました。

久々に長い休みだったので、読書にチャレンジしました。

 

と、言いますのも、

実は、連休に入る前に、社長から全員に、課題が与えられました。

 

その課題とは、「一人一冊」。

 

もともとは、読書が苦手だったアフターメンテナンス田代でしたが、

今回、すぐ近所に開店したばかりの、

MURATA書店から3冊の本を無料レンタルしました。

※(注意)MURATA書店とは、すぐ隣の社長デスクの本棚の事です。笑

 

久しぶりにスベッたので、先に進みます。

最初に読んだ本は、植松努さんの本です。

既に、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

この方は、日本で初めて、ロケット開発をされている方です。

 

3月に一度、東京で講演を聞いたことがありました。

その時も、感動して涙をながしました。

ハンカチで涙を拭って、間違いなく汗でないことを確認しました。

意外と感動屋さんな、アフターメンテナンス田代です。

 

さて、

植松さんの伝えたいメッセージとは、一体何でしょう?

彼の伝えたいメッセージは、一貫しておられます。

 

どうせ無理をなくす、ということです。

 

これまで僕たちが育ってきた環境を思い浮かべてみて下さい。

 

親や、学校の先生や、まわりの大人たちに言われたことのある一言。

どうせ無理・・・。

 

この言葉が、人のもつ可能性を奪ってしまうのです。

 

植松さんが提唱されているのは、

だったらこうしてみたら?・・・です。

 

与えられるのを待つ指示待ち・受け身ではなく、

積極性・主体性・チャレンジ精神。

 

まだ誰もやったことが無いことへのチャレンジは、

未知なる領域のために、みんなが諦めます。

 

なので、とても勇気がいります。

 

先が読める安全圏から突破して、先の読めない世界へ。

やったことない人間は、やりもしないで「どうせ無理」と言います。

 

上の立場にいる人間から、これを言われると、

立場の弱い人間は、何も出来なくなってしまいます。

そこに勇気が必要なんです。

 

これまで、1ヶ月に1冊読み終えるのがやっとだった、

アフターメンテナンス田代ですが、

GW3日目にして、2冊読み終えることに成功しました。

見事チャレンジに成功して、自分の殻を破ることに成功しました。

本って、本と面白いですね。

5/5(土)こどもの日、久しぶりに映画を観に行きました。

 

大人の仮面を脱いで、素顔のままの自分、

すっぴん田代で映画館に行きました。

 

てゆーか、いつもすっぴんなんですけどね。笑

 

映画グレイテスト・ショーマン。

上映中に感動して、5回ほど泣きました。

 

人は感動する生き物で、

人は感動した後、行動変容するものだと気づきました。

 

決意新たに、

 

今、現在、自分の置かれている環境や状況や、

今の自分に与えられている立場や役割、ってものがあるんだなぁと。

 

つくずく、しみじみ。つくずく、しみじみ。でした。

 

誰にも出来ない、自分にしか出来ない「やりがい」とは、何か?

自分の人生をより良くしていくために、

一体、誰のため何のため、なぜ(目的)働くのか?

 

その目的の先には、一体、何があるのか?

 

それは他人には分からないから、

他人の「どうせ無理」に、振り回されることなく、

自分の道を信じて、誰でも出来ることを、

誰も出来ないくらい徹底的にやっていれば、

人はみな感動してくれるのではないかなぁ~と、

思いました。

 

3代目会長からも、しょっちゅう言われます。

 

田代、えぇーか。よく聞け。

人並みじゃいかんぞ。と

 

This Is Me・・・これが今の私なんです。

5/6(日)いよいよ最終日。

前日までに、色々な出来事がありました。

結婚式で家族の絆に感動し、

人間関係の本を読んで感動し、

ヒューマン映画を観て感動して、

これまでの自己反省をして、迎えた最終日。

 

 

温泉が好きな妻と、本当はキャンプに行きたかった長男。

 

家族の気持ちを全く理解できていなかった、人並み田代。

なんと身近な家族のメンテナンスが出来ておらず、

GWも残り1日という、大ピンチ。

 

そんな中、

人並み田代は前日(こどもの日)に、長男とある計画を企てました。

 

今さら温泉やキャンプの予約は困難と、百も承知。

しかし、どうせ無理とは思いませんでした。

なぜならば、読書をしていたから。笑

 

長男の気持ちを理解した後、2人で妻へのサプライズを計画。

残り1日という限られた時間の中で、妻を満足させられるスポットが見つかるか?

Yahoo!で前日インターネット検索。少しだけ、がんばりました。

もしもし・・・明日の昼から予約できますか?

ゴールデンウィーク終盤の、見事なまでの事後対応。笑

しかし、最後まで諦めなかった、人並み田代親子。

 

結果、

 

なんと最終日、予約とれちゃいました。

ぱんぱかぱーん。

 

アフターメンテナンス人並み田代と行く、0泊1日。

バーベキュー付き、温泉、日帰りの旅 in 菊池市七城町

with 田代家。笑

 

我ながら見事な、「だったらこうしてみたら?」でした。

縦の糸はあなた 横の糸は私

逢うべき糸に 出逢えることを

人は 仕合わせと呼びます。

 

・・・世界の人口の数だけでなく、

生まれてくる生命誕生の確率まで考えると、

 

私たちの出会いとは、まさに一期一会であり、

もの凄い確率で出逢う奇跡なんだと、改めて思いました。

 

ガンガン前に進むのも、時に大事ですが、

立ち止まることも、時として重要だと思います。

 

「正」しいの文字は、

一つ止まると書きますからね。

お互いに正しさを押し付けてはいけませんね。

 

GW休暇中、

 

ずーっと待っていてくださっていたお客様のために、

充電完了した人並み田代は、さらにパワーアップして、

グレイテスト・アフターマン田代に変身しました。

 

これより、

皆様のお宅へと、1軒1軒、

さらに丁寧な対応を心掛けて訪問いたしますので、

今後共、宜しくお願い申し上げます。

 

リピート・・・アフター・・・ミー

 

繰り返し私をご指名ください。

あなたの家のアフターメンテナンス田代でした。 This Is Me。

田代 克毅

この記事を書いた人

箍屋(たがや)

ハウスメーカーでアフターサービスを数年経験しH29・10月より村田工務店に入社。 古民家鑑定士・増改築相談員・外装劣化診断士など様々な資格を有する。 これまでの経験を生かし村田工務店初のアフターサービス専属として配属。 自称、ファイヤー田代は社長のファイヤー村田を意識してかw