スタッフブログ

一度の人生、二度ない家造り。

昨日まで、降ってた雨もあがり、

地固まって、

本日、晴天の地鎮祭。

 

 

はじめての新築契約なので、

はじめてとなる地鎮祭をコーディネートさせて頂き、

本日、緊張・緊張、ど緊張、のアタフター田代。

地鎮祭には、どういう準備が必要なのか?

何と何を準備しないといけないのか?

 

正直いって、最初はサッパリわかりませんでしたが、

 

北岡神社様と、主任の坂本さんの協力のもと、

無事に執り行われることが出来ました。

 

お陰様で、終日、天晴(あっぱれ)でした!

お施主様から順に、

これから始まる、新築着工の無事を

みんなでお参りしました。

 

…確か、全員お揃いでしたよね?w

多忙なスケジュールの中、

ファイヤー社長にも駆けつけて頂き、

魂を込めて頂きました。

エイッ!エイッ!えいっ

 

地面が少し揺れたのは、多分、気のせいでしたw

 

今回のお施主様は、

ファイヤー社長宅の構造見学会、

そして、完成見学会、

 

そして、なんと!

 

前回の益城町平屋の見学会にも、

連続して、ご来場されました。

一度限りの人生、二度ない家造り。

そこで一生暮らしていく、覚悟と決意の不動産の購入。

 

だからこそ、

こだわりたかった、のではないでしょうか?

…確か、なんとかの儀だったと思いますw

 

緊張してて、覚えてませんw

 

誰かが撮影してくれてました。

…ファイヤー社長でしたw

主任の坂本さん。

 

社歴11年になる、村田工務店の家造りのプロ。

 

ここまで、設計や図面の作成だけでなく、

的確なアドバイス、そして、

ときには、厳しい教育的指導をして、関わってくれました。

 

しかしこれも引き寄せというか、運命だったのか。。。

 

なんと、坂本さんがいま住んでいる自宅マンションが。。。

 

たまたま今回のお施主様と、

たまたま同じマンションに暮らしていた、という事実w

まさに、晴天の霹靂でした!笑

…確か、撮影の儀だったと思います。

 

緊張してて、覚えてませんw

 

誰かが撮影してくれてました。

…ファイヤー社長でしたw

神は細部に宿る(God is the details)と聞いたことがあります。

 

素晴らしい芸術作品や良い仕事は細かいところをきちんと仕上げており、

こだわったディテールこそが作品の本質を決定する。

何ごとも細部まで心を込めて行わなければならない。

という意味らしいです。

 

神様を神籬にお招きする “降神”

1,9m四方に囲まれた笹竹と〆縄の小空間。

 

田代は今日、とても貴重な、はじめての体験をしました。

その小空間に一歩、足を踏み入れた瞬間、

厳粛な神社と同じ空気に囲まれた気分になりました。

 

身の引き締まる思いでした。

 

これからスタートするお客様の家造りを、

心から祈願しました。

 

○○様、精一杯、お手伝いさせて頂きます。

 

そして最後になりますが、

 

本日は寒い中、早朝より県外から駆けつけて下さった、

ご両家のお父様とお母様に、心から感謝いたします。

本日は、誠におめでとうございました!

田代 克毅

この記事を書いた人

箍屋(たがや)

ハウスメーカーでアフターサービスを数年経験しH29・10月より村田工務店に入社。 古民家鑑定士・増改築相談員・外装劣化診断士など様々な資格を有する。 これまでの経験を生かし村田工務店初のアフターサービス専属として配属。 自称、ファイヤー田代は社長のファイヤー村田を意識してかw

スタッフからのおすすめ記事