スタッフブログ

築111年の古民家でロマン。

秋ですね~w
ロマンチックですね~w

今日は、昨年のこの時期にお引き渡しした、
築111年の古民家再生リノベーション現場に訪問。

1年点検でお伺いしました。
時が経つのは、本当に早いですね~w

現場は、大津町新(あらた)...新だけに、あらためて、
ここは、何回来ても、ロマン地っ区ですw (←ファイヤー社長のパクリ。爆w)

さて、

いまだ記憶に鮮明に残る、

昨年10月に現場見学会を開催した、
こちらの、大津町古民家再生リノベーション現場。

お施主様の、先祖から代々受け継がれる、
大切な築111年の古民家。

新築建て替えか?...それとも、リノベーションか?
解体するのは勿体無い...果たして、工事は可能なのか?

様々な思いが交錯する中、お施主様が最後に決断されたのは、
柱・梁など、築111年の古材を活かした 「 リノベーション 」 でした。

なぜ、村田工務店だったのか?

当時を振り返りながら、
お施主様に話をうかがってみました。

「 家族が諦めかけていた、その時、
村田工務店のチラシを、たまたま見かけたんですよ。」

「 他の会社と何か違うな...。一度、見学会を見に行ってみよう。」

そこから物語が始まったんですよ。と、
唯一無二の、村田工務店ファンの奥様。

「 今では、本当に村田工務店に頼んで良かったです。」

「 暮らし始めて1年で、最近、驚きだった出来事と言えば、
和室の畳が、カビが出なかったことです!!」

「 初めて過ごした暑い夏も、今までみたいにクーラーを多用せず、
サッシ窓を開けて、採風・通風のみで、とても快適でした。」

「 なんだか、ずーっと、家から出たくないんです!!」

爆w(←ファイヤー社長のパクリ。爆w)

今日は、1年点検でお伺いした、私でしたが、

奥様から頂いた御言葉に、嬉しくて胸が熱くなり、

高鳴る鼓動を抑えきれず、あまりの感激に、

久しぶりっぶりに、
ブログを書きたくなりました。

 

中でも一番嬉しかった事と言えば、
会社の仲間を沢山褒められた事です。

担当した、永田さんはじめ、
棟梁や携わったお取引先の業者様の事を、
とても感謝されました。

「 村田工務店で建てて良かった。」
最高の一言でした。

アフターメンテナンスの事を忘れ、ひとり、ウルウルしてると、

田代さん座っててー♡

秋と言えば、栗。

なんと、こちらのお宅で食べた今年最初の栗は、それはそれは、
ビックリするほどの大きな栗でしたw(←ファイヤー社長のパクリ。爆w)

築111年の古民家で食べる、マロン。
なんて、ロマンチックな一日でしょうかw

そうです、古民家でマロン食べながらのロマンが
このブログで言いたかったワケです。

渋っ!

 

先へ進みますw(←ファイヤー社長のパクリです。爆w)

 

今でも心に残っている、という
着工中の大事な1コマ1コマ。

衣食住、と
よく言いますが、

家を扱うという仕事は、とても責任のあるお仕事です。
売って終わり。ではなく、そこから始まる真のお付き合い。

アフターメンテナンスを担当するにあたり、
正直、地味だし、面倒くさい作業がとても多いのですがw

1軒1軒のお宅に、
その家にしかないドラマがあり、
ご家族の思いがあるのだなぁ。と、

最近、やっと気づきました。やっと。

そりゃ、僕も38歳になりますから、
少しは大人になりましたw(←ファイヤー社長のパクリです。爆w)

 

写真は、
歴史のある築111年の古民家を背負ったご主人様の、
長年の念願が叶った薪ストーブ、だそうです。

薪ストーブだけに、
まさに、燃えるような願望だったのでしょうねw(←ファイヤー社長のパクリです。爆w)

奥様は、お引き渡し後、早速、
ピザを何回も焼いたそうですよw

皆さんも、ピザって10回言ってみてください。
あ、そこは、肘です。爆w

奥様曰く、今年の冬は、
焼き芋を楽しまれるそうです。

焼き芋は、あんのう芋がオススメですが、
食べすぎに注意です。

プっw

おやっ? こ?
親子w

ちょうど、小学3年生の息子様が帰宅されました。

偉いですね~、帰宅してソッコーで宿題されてました。

下敷き代わりに、新聞紙を敷いてましたw
なんだか、自分の少年時代をフッ、と思い出しました。

※ちなみに私は、
帰宅するとすぐに遊びに行ってましたがw(←ファイヤー社長のパクリです。爆w)
今日は、築111年の古民家に住むお施主様の、
リノベーション後の、日常のありのままを見る事が出来て、
なんだか、ホッ、としました。

「こんな暮らしが出来るとは思っていなかった。」

「 新築にしなくて良かった。」

奥様が、最後まで何度も話されてました。何度も。

 

次のアポがある僕を、
何度も離されませんでした。何度もw

 

「 村田工務店に頼んで良かった。」

この家の価値を、もっともっと伝えたい。
そう仰る奥様に、村田工務店で働く僕の方が逆にパワーを頂きました。

自分に対する自信、
商品に対する自信、
職業に対する自信、
会社に対する自信。

皆さんは、4つの自信ちゃんと持ってますか?

僕は今日、あらためて、
築111年の古民家の中で、お施主様のおかげで、
自分と商品と職業と会社に対しての自信を得る事が出来ました。

今日に至るまで、111年という長い歴史を刻む家。

先祖に感謝すること。そして、
まわりのすべてに心から感謝すること。

支援して下さる皆様、いつも本当にありがとうございます。
今までの、すべての出来事に感謝いたします。

 

次は、お待たせしている、
あなた様のお宅に訪問いたします。

以上、
自称ロマンチストな、メンテナンス田代のブログでした。

田代 克毅

この記事を書いた人

箍屋(たがや)

ハウスメーカーでアフターサービスを数年経験しH29・10月より村田工務店に入社。 古民家鑑定士・増改築相談員・外装劣化診断士など様々な資格を有する。 これまでの経験を生かし村田工務店初のアフターサービス専属として配属。 自称、ファイヤー田代は社長のファイヤー村田を意識してかw

スタッフからのおすすめ記事