大工ブログ

継手シリーズ3

2018/05/17(木)

久々の継手シリーズです!

今日は金輪(かなわ)継ぎを紹介したいと思います!

まずはこう言う墨付けをします!

この墨を見てもどうなるのか全く想像が付かないですよねf(^_^;)

ノコを入れて少しずつ形にしていきます!

横に同じのを並べて加工すると効率的です!
奥にノコを入れた所も落とします!
カンナやノミで綺麗に仕上げて行きます!
完成しました!
組んで行くとこうなります!

ん?真ん中の穴はなんだろう?って思われる方もいらっしゃるかもですね!

ここにこの楔(くさび)の栓を打ち込みます!

そうする事によって、材料と材料の隙間をなくしてガッチリ組み合わせる仕組みになってます!

金輪継ぎは、継ぎ手の中でもかなり強度のある継ぎ手の一つです!

飯干 絢介

この記事を書いた人

鉋志(かんなし)

趣味は、サバイバルゲームと意外な一面を持つ男である。また、日曜日の休みの日には、ほぼ道具の刃研ぎをしているストイックな一面もある。期待の若き棟梁である。

スタッフからのおすすめ記事