大工ブログ

遅くなりましたが…..

2018/01/26(金)

こんばんは!

鉋を志す大工の飯干です!

今年初ブログです(笑)

遅くなってすいませんm(_ _)m

とりあえず仕事初めの1日仕事に行ったんですが、その後インフルエンザになりました

B型でした(笑)

予防接種もしてなかったので熱がなかなか下がらず、1週間休みました( ´Д`)

仕事復帰してそれから何日か仕事をして、今度は19日から22日まで

新潟県糸魚川市に行ってました!

何をしに行ったかと言うと

匠 ~TAKUMI~ さん

ここで20日21日に行われた新春初削りのイベントに参加させてもらいました!

全国でもトップクラスの削リスト(鉋で削りをする人)の人達が集まるイベントなんですが、自分は無理を言ってお願いして参加させてもらいました!

薄削りもやるんですが

このイベントは4寸角(12センチ)の桧の節有りの削りの競技も行われます!

この柱削りの競技は薄さを競うのではなく、艶、逆目、鉋枕、削り方、時間の項目が5段階で審査されます!

審査員はこのお三方

この業界では超有名な方々が、厳しくもあり愛情のある評価をしてくれました(笑)

全国大会優勝者の柱削り

自分の柱削りをしてる写真が無いんですが、評価点は2とか3ばかりで、まだまだの評価でした( ´Д`)

まぁ、学生時代の成績表より数字が良いのは内緒です(笑)

この柱削りなんですが、薄削りよりも難易度が高いです!いくら薄削りは出来ても、幅の広い材料がちゃんと削れなかったら、仕事に繋がる削りが出来てない!と言う事になります!

薄削りをするのに、切れる刃研ぎをするのも大事なんですが、それを仕事で活かせないと意味がない!って言う主旨で柱削りの競技も行われてます!多分ですが(笑)

ちなみに全国大会では薄削りのみで、柱削りの競技は行われてません。なので、本当に勉強になりました!

その他にも

全国5位の方の薄削り

全国でもトップクラスの方々に、色々教えてもらったり、質問などしたり

みんな熱心に見てます!
色んな方々の研ぎも見れたり
寒ブリをごちそうになったり
夜は宴会で

色んな話を熱く語り合いました!

で、次の日は

カニをごちそうになったり
砥石屋さんも来てたので

天然砥石の試し研ぎをしたりしました!

本当にトップクラスの方々の研ぎや削りを間近で見れたり、アドバイスをいただいたりして、かなり貴重な経験をさせていただきました!

一生の思い出に残ると思います!

最後に、参加した方全員に参加賞?的な物が色々あって、自分はこれを選びました!

逆鏝鑿(ぎゃくこてノミ)と言います
高価な物です

このノミはどう言った使い方をするのか、また追々説明したいと思います!

では、また次回!

飯干 絢介

この記事を書いた人

鉋志(かんなし)

趣味は、サバイバルゲームと意外な一面を持つ男である。また、日曜日の休みの日には、ほぼ道具の刃研ぎをしているストイックな一面もある。期待の若き棟梁である。

スタッフからのおすすめ記事