工務店スタッフブログ

琥珀色。

カールおじさん。村上パイセンバージョン

こんばんは。
永田です!

台風、かなり心配していましたが
ひどくなくて本当に良かったです!

備えあれば…
というように台風に備えての
養生や準備など
たくさんの人の気持ちが伝わって
台風がそれてくれたのかもしれません。

本当に良かったです!

村上パイセンも
台風が来なくて本当に良かったと
納得の麦わら帽子。

ワンピースのルフィーではなく
カールおじさんです!笑

屋根替え。

先日は暑い中でしたが、
またまた大工さんと屋根の瓦替えに
行ってきました。

この写真の雲もいい感じです!

でもとても暑かったです!笑

瓦葺き。

そこまで面積は有りませんでしたが、
瓦おろし、野地板打ちから
ルーフィング貼り
瓦桟うち、瓦葺き。

どうにか終わることができました。

暑い中お疲れ様でした!

リノベ塗装。

こちらはリノベーションの現場です。

塗装工事に入りました!

古材の色合いと合わせながらの作業です!
新しい材料と、古い材料との
色の微妙な違いも
また新鮮で味わいがあります!

玄関独立柱。

玄関の独立の柱も
またいい感じです!

太陽の光の当たり具合や
角度で色の見え方が違って見えます。

これもまた味があります!

村田工務店では
植物性の自然塗料を使用していますが
一つ一つの材料でも
色ののり方や、吸い込みの具合が違います。

それもまた木の良さでもあり、
自然な味わいだと思います。

木格子・手摺り。

こちらは二階から吹き抜け部分への
もくの格子組みの手摺になります。

木格子・手摺り。

いい感じに仕上がりました~!!

下を見下ろす感じと
下の梁が見える感じもまたいいです!

吹抜け。

吹き抜け部分の梁も塗装されました。

太鼓貼りを渡して
十文字に組んであるのは
新しく入れた部分です。
色合いもばっちりです!

十文字に組んだ理由ですが、
村田工務店の新築の際に
二階の床組は
梁を十文字に組みます。

強度を高めることや
ねじれの防止など様々な
意味合いがあります。

その村田工務店の
伝統の造りを意識して
太鼓梁を十文字に組みました。

なかなかいい感じに仕上がっております。
壁も仕上がるとさらによくなりそうです!

いろは。

腰板などもこの色で仕上げる予定です。

こちらの塗料は
「いろは」とういう植物性の塗料です。

このリノベーション現場では
その中でも「琥珀色」という種類のものを使いました。

仕上がり具合は、
完成見学会にてご覧くださいませ。

お楽しみに!です!

たぶんのちのブログで登場するかもしれませんが…笑

落とし掛け。

外平棟梁がいよいよ
和室の造作に入っております。

こちらは磨き丸太の
落とし掛けになります。

あえて少しねじりのあるものを選びました!
作業はしにくそうでしたが。笑

取り付けられるのが楽しみです。

 

 

まだまだ暑い日が続きますが
みなさん、体調管理に気を付けて
涼しい秋に向けて
頑張りましょう~!

 

有限会社 村田工務店
噺家 永田 匠

永田 匠

この記事を書いた人

噺家(はなしか)

はにかむ笑顔がキュートな永田さん。お客様からの信頼度も高く、チビッコからも超人気者♪ スタッフの中でも頼りになる存在です!プライベートではフットサル・魚釣りetcを楽しむアウトドア派な彼 現在、彼女募集中です♪

スタッフからのおすすめ記事